ふらわ~ぁ*ふらわ~ぁ

不定期更新のBlogです。あわせてInstagram*Twitterもみてね♪
TOPパッチ&キルト資格 ハンド高等科 タペ・キルト ≫ 講師科トラプントに再挑戦

講師科トラプントに再挑戦

あまり生徒さんのお話はしておりませんが、一応、お教室を受け持っています
今 私の担当教室で、講師科を受講されていらっしゃる生徒さん2名いらっしゃいます。
パッチ歴・作品数は、私よりもはるかに上なお二人なので、課題制作のペースも早く、デザインも個性たっぷりで、私もいい刺激と栄養を頂いてます

自分が不得意な科目は、なるべく生徒さんに教える前に再挑戦して
見本を準備しておくところなのですが、【トラプント】だけは未着手のまま。。
(あと、海の嵐もでした。。)

私が生徒時代に作ったのは、こちら
額縁に入れるデザインで、2枚布をキルティング?(普通にぐし縫い)して、
布の間にトラプント用のコードを入れるものですが、、、
一つ一つを気を付けたのですが、最後に水で消えるペンを落とすために
水に入れて乾かしたら、、、しわしわ~な仕上がりに

今回、生徒さんと一緒に課題に着手したのですが、、みなさん早くって
私が一番遅いペースでした。。。
私は、もう一つの作品例の、キルト綿を挟むタイプで再挑戦です



久しぶりのキルティング、しかも縫い代の無い(ストレスの無い)楽しい作業
20150810----.jpg
背景の格子角が細かいので、トラプントする前からフェザーの模様がくっきりですね。
この段階で、まだキルティングしていない箇所があることに気付いていません
20150810-----.jpg
バイアスを付けてます。そして、水洗い。
20150810--.jpg
裏側からコーディング中。
ここで、ようやくキルティングの足りない箇所を発見‼
20150810-.jpg
もう一度水につけて脱水したら、脱水時の折り畳み線がくっきり
20150810.jpg
トラプントした箇所(線・中央のみ)と、四隅の未トランプ箇所の違い、
はっきりとは分かりません。
ただ、近くで見るとトラプントされている箇所は、何となく色が濃く モチモチした感じ。
このデザインだと、キルティングのみでも素敵な作品になるのですね。

この【キルト綿を挟んで作るトラプント】は、失敗なく素敵に仕上がると思います。
なので、もう一度【ブティタイプ】の額縁に挑戦してみます。

生徒さんのお一人が、このブティタイプふを作られていたのですが、
シワ無く綺麗に作られていました。
以前に別の先生から教わったことがあるとの事で、その生徒さんからコツを聞かせて頂きました。
私も自信をもって作れるようになるため精進します

追記:もちろん、過去に失敗したトラプントからも学ぶものがありました。
こうしたらいいみたい、こうしたら危ないみたい、そんな経験談もお伝えしての講習です。

製作開始 2015年7月25日~8月9日完成  16日かかったのね。。
ミニショップのお知らせ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ 過去ログ
 
ツリーカテゴリー

---- タグ リスト ----
リンク
     (●・・・HP)
リンクに追加する
Blog Roll
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  まとめ