in パッチ&キルトの素

パッチ&キルトの雑誌をお迎え

今季、どちらかに絞り込めず、めずらしく2冊購入♪
特に『パッチワーク教室』の方は、バッグ・リュックの形とデザインが素敵~*
ワクワクしながら毎晩眺めていますよ~


今週に入って、人生の課題ともいうべき【未完成のものを手掛ける!】に着手

未完成の課題(資格取得カリキュラムのもの)はもちろん、
未完成の小物・バッグも多々あります。
トップまで出来ている大きなキルトや、しつけまでかけたキルトも多々。。

それらを、ひと月=【1個】でもいいから完成させていこうと、そのために必要な
【制作しやすい環境】整備を初夏に済ませて、暑さが和らいだ今から開始です

今回見つけ出したのがこちら↓(画像は、裏面の生地です
20160908-.jpg
私がパッチ・キルトを始めた2004年頃に、しつけまで掛けて仕舞い込んだキルト。
裏生地がダブルガーゼ地です。

多分、キルトラインを考えるのが嫌になって、
そのまま放置になったのだと思います。

そこで、今年のこうの先生の本に書いてあったように
「制作を途中で放置するのには何かしらの原因があって、今の気分を優先して
 スイッチを切り替えて再挑戦しよう~」
という事で、キルトラインを考えたくない時は【オールオーバーキルト】にしちゃおう

オールオーバーなら、手縫いよりもミシンキルトに。
ミシンの練習にもなるので、ちょうどよかったです~

ただし、、、

昔の私、しつけがとても細かく蜘蛛の巣状にかけてるんです。。
画像のシンブルと比べてみて下さい。

ミシンキルトなら、スプレーボンドで接着してからキルティングをしたいところ。
しつけを外すの、面倒だな。。。

という事で、また途中で放置しそうになりましたが、しつけのまま
ミシンキルトにしてしまいます

しつけをかけたままのミシンキルトは初めてなので、どうなるかな。。
ドキドキしながら、未完成品に取り組みま~す

( *・ω・)ノ参加してます♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ


    web拍手 by FC2
  • Share